コム デ ギャルソン・オム プリュス 17年春夏コレクション – 裸の王様に、各々の美意識を乗せて

(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)の2017年春夏コレクションが2016年6月24日(金)、フランス・パリで発表された。「The King Is Naked」。裸の王様をモチーフにした透明なワードローブが、観衆の度肝を抜いていく。

テーマの通り、ビニール製の透明なアイテムを多数展開。シースルーのトレンチコートやマント、チェスターコートなど様々なアウターを纏いながらも“裸”でいる状態だ。王様の要素は、髪の毛を固めたような王冠からも見て取れ、どこか空虚なモデルの表情にもテーマの一貫性が反映されている。

透明なだけでなく、その上からブラックやレッドのラインを引きチェック柄に。インナーも同素材で柄同士のぶつかり合いを見て取れるコーディネートも披露した。中盤には、人の口と鼻の部分とドットを連続させた総柄のアイテムが登場。今にも言葉を発しそうなその不気味さは、「美」というものは何かを我々に問いかけるようにすら見て取れる。

終盤には、透けているキャンバスの上にあらゆるメッセージをペイント。中には、「Beauty is the eye」と書かれているものもあり、このコレクションが各々にどう映るかが、その人の美意識であるかのような語り口調が“王”から発せられた。

足元には、ナイキ(NIKE)とのコラボレーション スニーカーが登場。かかと部分が透けており、シーズンのテーマを踏襲している。その他、ナイキのもの以外に、インクを踏んだようにしたから色が湧き上がっているデザインのものも登場し、スポーティな要素をプラスした。

引用元:http://www.fashion-press.net/news/24409

ファッションにおいて重要なファクターは周りの人にどう思われるのか?というところが大きい。しかしコムデギャルソンの場合は個性的で自分のスタイルを保つ、個性を強調したデザインが多く見受けられる点が魅了です。

コムデギャルソンが紹介されているサイトはこちら⇒コムデギャルソンプレイ(play)安く手に入る方法とは?人気のキッズも激安で買えるおすすめ通販サイト

カラコン専門誌を創刊

カラーコンタクトレンズ(カラコン)のネット販売を行うネットランドジャパンは2015年8月1日に、カラコン専門の無料情報誌を創刊した。既存客向けのカタログをリニューアルし、新規客となる10~20代のファッションやメークに関心の高い女性に配布する。脱毛エステ店や学校などでの設置を通じて接点を増やし、新規客の獲得につなげる。創刊号の立ち上がりは好調で、当初の計画通りの受注を獲得しているようだ。
 創刊したのは「カラーガール」(A4判、32ページ、隔月、発行部数は7万部)。女性ファッション誌の編集者と組んで制作。音楽アーティストのインタビューや、ファッションにあわせたメークのテクニックのほか、ストリートスナップなどを掲載した。
 新媒体の創刊は新規客獲得を狙ったもの。カラコンは参入企業の増加で競争が激化。消費者の選択肢が増加し、ブランドスイッチが起こりやすいことが課題だった。新規客獲得を狙ってカタログを外部に設置して無料で配布する試みを行っていたが、既存客向けカタログで新規客を獲得するのは難しかったという。ファッションやメークなどの情報でカラコンの興味を喚起することを目指してカラコン専門の情報誌を創刊した。
 記事中ではメークに使用したアイテムの1つとしてカラコンを掲載。ストリートスナップに登場した女性の愛用するカラコンを紹介した。さまざまな切り口で登場するカラコン情報から、広告ページへとつなげていく。広告と記事は明確に差別化し、情報誌を中立メディアとして位置付ける。
 新規客向けに配布するのは2万~3万部。学校や脱毛エステ店に設置して配布し、これら外部企業とは紙面でタイアップした。例えば、学校とは生徒参加のカラコンを使ったメイクコンテストを実施し、紙面で紹介した。審査員に専属モデルや同校でメーク講師を務めるモデルを起用。ツイッターやブログで告知してもらい、媒体や商品の認知度の向上につなげた。
 情報誌は既存客向けにも配布し、広告ページを通じてリピート購入を促していく。カタログの変更によるレスポンスの落ち込みを回避するため、創刊前からDMやメールでリニューアルを告知した。事前告知や編集内容の変化などが奏功し、「配布後の出足は以前のカタログよりも『カラーガール』の方が良かった」(同社)という。
 既存客に対しては、情報誌に加えてDMやメルマガを活用しての接触頻度を高めていく。カラコンの使用期限1カ月のサイクルに合わせて、接点を増やしリピート客の育成につなげていく考え。
 9月には、動画サイト「ユーチューブ」で専門チャンネルを開設する予定。カラコンを使ったメークのコツや、専門家が説明する安全な使用方法を紹介。また、タイアップ企業など行うイベントの様子を配信することも検討しているという。このほか、ストリートスナップに登場した女性を活用してアンケートや商品企画へのモニター参加などを行うことも検討する。
 カタログのリニューアルに伴うコストについては、若干の費用増加があったという。ただ、誌面で起用したモデルによるブログなどでの告知があるため、刷新前より販促効果は高まっていると分析する。今後、発行部数は10万部まで拡大する考えで、月商は来年以降に倍の2億円を目指す。
引用元:http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2015/09/post-2290.html
カラコンの情報誌が出ていたんですね。
情報誌が出るほど、カラコンは人気のオシャレアイテムとなっています。
自分のなりたいの手助けをしてくれるカラコンは若い人にとっては非常に重要なアイテムとなっています。
カラコンを使えば梨花さんのような大人っぽい魅力的な女性に変身することができます。
梨花さんのカラコンはコチラ⇒梨花のカラコン.xyz
カラコンを活用して理想の女性を目指しましょう。

 

電力自由化、何を基準に会社を選ぶ?

日本経済新聞社は「電子版(Web刊)」の有料・無料読者の皆さんを対象とした週1回の意識調査を実施しています。第260回は4月から始まる電力小売りの全面自由化や原油価格の下落で注目される電気料金に関して皆さんのご意見をお伺いします。

読者ネットアンケート
(1)4月から電力小売りの全面自由化が始まります。 すでに200社以上の会社が名乗りをあげ、様々なサービスや料金プランを発表していますが、皆さんは電力会社を選ぶにあたり、何を重視しますか
電気料金の安さ
携帯電話料金などセット割のお得さ
環境にやさしいエネルギー
電力会社の信頼性
その他
(2)電気料金は現在、原油価格が低いことで引き下げられています。ただ、原油価格の下落に歯止めをかけるため、主要な産油国がこれ以上増産しないよう協議をしています。今後原油価格はさらに下がると思いますか
下がる
下がらない
(3)安倍内閣を支持しますか、しませんか
支持する
支持しない
受付は終了しました

結果を見る
 4月から電力料金体系が変わります。これまで基本的には地域ごとに国が決めた1つの電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10社)からしか電力を買うことができませんでしたが、4月からは、契約する電力会社を国が認可した中から私たちが自由に選ぶことができるようになります。

 この電力小売りの全面自由化の消費者にとっての最大のメリットは、多様な電気料金プランの中から自分のライフスタイルにあったものを選べるということです。

 すでに、エネルギーや通信、家電、鉄道などさまざまな業種の企業が電力事業への参入に名乗りを上げ、それぞれが特色あるプランを打ち出し、顧客の争奪戦を繰り広げています。

 従来の電力会社が提供している電気料金よりも安い料金プランを発表したり、得意分野とのセットでお得感をアピールする会社もあります。たとえば、通信大手は携帯電話と、石油元売り大手はガソリンと、鉄道会社は定期券とセットにするなどしています。

 また、料金やお得感といった「損得勘定」ではないところで他社との違いを打ち出そうとしている会社もあります。たとえば、電力のほとんどを環境に優しい太陽光発電など再生可能エネルギーでまなかうといったプランです。

 迎え撃つ老舗の大手電力会社も、これまで電力を安定して供給してきた信頼性を前提に新たな料金プランを発表するなどして、新規参入の事業者に対抗しています。

 4月に向けてさらに様々なプランが発表されるなか、皆さんは、電力会社を選ぶにあたり、どのような点を重視しますか。

 電力料金につきましては実は、原油価格の下落により、最近は引き下げられてきています。原燃料費の変動に応じて毎月の電気料金を見直す制度があるためです。

 家計にとっては電気料金が安くなることは助かりますが、世界経済全体でみた場合は過度な原油安は大きなリスク要因となります。

 そのため、増産を続けてきた産油国はここにきて、原油安に歯止めをかけるために増産を一時停止する方向で調整を進めています。

 本来なら減産してほしいところですが、生産量を据え置くことですら、産油国それぞれの思惑が絡み、なかなか足並みをそろえることが難しい状況でもあります。

 皆さんは、今後の原油価格をどのように予測しますか。引き続き下がると思いますか。教えてください。

 今回は23日(火)午後1時までを調査期間とし25日(木)に結果と解説を掲載します。毎回実施している内閣支持率調査にもご協力ください。アンケートには日経電子版のパソコン画面からログインして回答してください。ログインすると回答画面があらわれます。電子版の携帯向けサービスからは回答いただけません。

引用元⇒http://www.nikkei.com/article/DGXMZO97464660Z10C16A2000000/

電気自由化に特化したサイトて、数少ないですよね><

しかし、かなり電気自由化に対してわからないことだらけですよね!

そこで、ここのサイト!

電気自由化.xyz

電気自由化に基本が、とてもわかりやすくまとめてありますよ!